2005年11月14日

ワンコのお仕事犬

ついに先日の12日の土曜日exclamation
モモの抜糸が終わりました手(チョキ)

夫が出張からお昼頃、帰って来たので
お昼ごはんを食べてすぐに病院

手術経験ワンの飼い主さん達から、
お話しは伺ってはいたけれど、
抜糸って本当にあっという間 soon

プチンどんっ(衝撃)プチンどんっ(衝撃)プチンどんっ(衝撃)
「はい、おしまいで〜す わーい(嬉しい顔)」って感じでした。
抜糸代は手術代に含まれているとの事で
この日はお金を払わずに家へ帰りました車(セダン)

抜糸後のモモのおなかの写真ですカメラ
(手術後、2週間です。)
DSC01753.JPG

おなかの中央に傷があるの!分かりますか?
もうほとんど、目立たないですよねぴかぴか(新しい)
おなかの上の方(写真の左側)に見える線は
傷じゃなくて、毛の生え際(?)ですよんドコモポイント

よく見ると目小さなプツプツがあるんですけど
それは、傷の内側を縫った体内で溶ける糸が
体内に吸収される時に膨らむせいなんですって!

抜糸も終わって、パパも帰って来て
ごきげんのモモしゃん犬
喜びの雄叫びをあげていまするんるん

DSC01456.JPG
パパ、帰って来たど〜exclamation×2

夫が一週間ぶりに帰って来たことが
余程、嬉しかったらしく、熱烈歓迎の後、
ず〜っと夫のそばを離れないモモ犬
夫はデレデレだったのでした・・・。

DSC01303.JPG
パパ大好き揺れるハートでしゅ〜ぅぅ眠い(睡眠)

手術をした直後から、とっても元気で
ムササビのようにあちこち飛び回るので
傷口が開くんじゃないかと心配しましたが
やっとこれで、ひと安心でするんるん

手術の前は、もしもの事があってモモが
死んじゃったらどうしよう??等と
とても不安に感じたりもしましたが、
今は手術をして本当に良かったと思っています。

この手術で、将来、モモが病気をせずに
少しでも元気に長生きしてくれれば
そして、少しでも長く一緒に楽しい時を
過ごせればと祈るばかりです。

今回の避妊手術を通じて、

私達を驚かせること がく〜(落胆した顔) がく〜(落胆した顔)
私達を怒らせること ちっ(怒った顔) ちっ(怒った顔)
私達を心配させること もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)

そして、私達を幸せにすること わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)

みーんなワンコ犬のお仕事なんだなぁ
なんて事を感じた私達、夫婦なのでしたハートたち(複数ハート)

ニックネーム モモママ at 23:26| Comment(81) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

モモしゃんはお薬がお好きハートたち(複数ハート)

避妊手術が終わった後の5日間exclamation
モモしゃんは化膿止めのお薬をもらいました病院
(お薬は出す先生と出さない先生がいるみたいです。)

もらったお薬はシロップタイプのもので
注射器で飲ませるのですが、
実はモモしゃん犬このお薬が大好きなんですキスマーク

それでは、皆さん、モモのお方のおいしい顔 わーい(嬉しい顔)
かわいい大奥バージョンかわいいで、ご覧下さいませ 目

犬 「おさじっ、おさじを呼べっっexclamation×2

ふらふら がく〜(落胆した顔) 「ははぁっっダッシュ(走り出すさま)


DSC01657.JPG ぱくっレストラン
いただくでございましゅるぅ〜
グッド(上向き矢印)

DSC01657.JPG はむはむ手(チョキ)
美味でございましゅるぅ〜ぴかぴか(新しい)

DSC01663.JPG ぺろりんどんっ(衝撃)
おしまいとなっちっ(怒った顔)

とまぁ、こんな感じで注射器を見ると、大興奮グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
5日間の薬物中毒生活を送っていたのでしたたらーっ(汗)

ちなみにペットショップからうちに来てすぐの頃、
おなかに虫のいたモモしゃんふらふら
その時にもらったお薬も同じタイプだったんですよexclamation

生後2ヶ月のモモしゃん犬お薬を飲むの図かわいい

100MSD-DSC00033_DSC00033.JPG ムフッハートたち(複数ハート)
そなた、気に入ったぞexclamation

そんなこんなで、モモが避妊手術をしてから
もうすぐ、2週間が経とうとしています。
モモが元気にしてくれていたおかげで、
いつも通りの楽しい2週間でしたるんるん

もう傷口もほとんどふさがっていて、
今度の土曜日に抜糸をしたら、ひと段落ひらめき
心配してくださった皆さん、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)



ニックネーム モモママ at 23:11| Comment(38) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

手術前夜三日月

今日はモモの術後の経過も良好グッド(上向き矢印)なので、
手術前夜三日月の様子をお伝えします。

手術前、約12時間は絶食しなくてはなりません。
これは、麻酔をされたワンコが嘔吐すると
窒息してしまう危険があるからだそうです。

モモの場合、6時半に前日の夜ごはんを食べた後は
何も食べさせませんでしたがく〜(落胆した顔)
お水は12時までは決定でしたが
その後はお水も飲ませてはいけませんもうやだ〜(悲しい顔)

術後はしばらくシャンプーが出来ない為、
シャンプーをしてあげたりいい気分(温泉)
体を動かすと傷に良くなさそうなので
爪を切ったり、肉球まわりの毛を切ったりしました。

これはパパに毛を切ってもらっているモモ犬
まゆげ切りバサミでカットしています手(チョキ)

DSC01482.JPG
可愛いお手手にしてくだしゃい手(パー)

気が付くと、パパのお膝で舌を出して寝ているモモ眠い(睡眠)
あまりに無防備な寝顔を二人で眺めつつ目目
「きっと明日の手術はうまくいくよexclamation」と
お互いに励ましあいました揺れるハート揺れるハート

DSC01472.JPG
パパのお膝は気持ち良いでしゅ眠い(睡眠)

モモが起きたのは12時ちょっと前、
「今のうちにいっぱいお水を飲むのよっあせあせ(飛び散る汗)」と
一生懸命、水を勧めてみましたが
こういう時に限って、水を飲まないモモたらーっ(汗)

仕方がないので、そのままゲージに入れて
寝かせました・・・。

そして、手術当日exclamation
特別、ごはんやお水を催促したりするような事は
なかったけど(気が付かなかったのかな?)
私自分も何かを口にするのはためらわれましたもうやだ〜(悲しい顔)

こうして、私は不安な気持ちを抱えながら
モモを夫に託して、会社に行ったのでした電車

DSC01495.JPG
お仕事、頑張るでしゅよ晴れ

何も知らないモモ犬パパのお膝でご機嫌でしたかわいい















ニックネーム モモママ at 00:10| Comment(41) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

おかえり犬モモちゃん揺れるハート

まず皆さんにご報告&お礼をかわいい
おかげ様でモモの手術は成功し手(チョキ)
無事、我が家に帰ってくる事が出来ましたるんるん

皆さんの励ましのコメントや優しいお言葉に
とても勇気付けられましたぴかぴか(新しい)
本当にどうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)

では、帰ってきたモモさんからもご挨拶です。

DSC01525.JPG
皆しゃん、ただいまでしゅ犬

この写真をご覧になって
あれ?モモしゃん犬エリザベスカラーは?
と思われる方もいらっしゃるでしょうが
理由はこれから順を追ってご説明しますねわーい(嬉しい顔)

まず、手術当日(28日)のご報告です。
その日はパパが朝の10時頃にモモを病院
連れて行きました車(セダン)

なぜ、28日の金曜日に手術をしたかというと
私達は共働きの為、術後のモモが心配だったからexclamation
金曜日に手術すれば、土曜と日曜はモモのそばに
ついていてあげられると考えたのです。

手術は12時頃からだったので、
その前に血液検査や健康チェックをしました。
無事、手術が終わったとの連絡は
1時過ぎに電話でありましたぴかぴか(新しい)

そして、翌日の29日の午前中に
モモを迎えに行きました車(セダン)

モモと対面して、まずビックリしたのは
エリザベスカラーをしていなかった事がく〜(落胆した顔)
先生によると、傷口をあんまり気にしていない為
必要ないでしょうわーい(嬉しい顔)との事でした。

カラーをつけるとトイレや寝る時に不便な為
ワンちゃんのストレスになるので
出来れば使わない方が良いでしょうexclamation
もし、傷をあまり気にするようでしたら
用意はしてありますから連絡下さい
と言われて、納得しました耳

朝ごはんもいっぱい食べているし
傷口もキレイなので心配はないでしょう
と言われて、本当に安心しましたかわいい

モモの手術前と手術後の写真カメラ

<手術前>
DSC01489.JPG

<手術後>
DSC01571.JPG

おなかの毛を剃られてしまっているので
ちょっと不思議な感じ目

先生の説明によると、おなかの真ん中を切るのが
一番ワンちゃんの痛みが少なく、
また、傷は小さければ良いというものではなく
4センチぐらい大きめに切って手術をする方が
安全性が高いそうです。

ちなみに縫合は、内側を体内で吸収される糸で
外側をワイヤーのような糸で2重に縫っているとの事。
ワイヤーの糸は見た目はちょっと痛々しいのですが、
ステンレス製でとても丈夫で傷の治りも良いのだそう。
2週間後に外側の糸だけ抜糸するので病院
来て下さいと言われました。

術後のお薬は、錠剤、粉薬、シロップの中から
選べたので、モモの好きそうなシロップタイプに
してもらいましたキスマーク

喜んでお薬を飲むモモしゃんレストラン
DSC01550.JPG
う〜んグッド(上向き矢印)デリシャしゅるんるん

最後に今回の手術にかかった費用は
避妊手術 3万5千円
(血液検査、抗生物質注射、1泊の入院費
5日分の薬代 全て込み)

プラス 乳歯の抜歯(4本) 5千円
(実はモモは乳歯が抜けないまま、
永久歯が生えてきてしまった為に抜きました)

合計 4万円 でした。

ちょっと長くなってしまいましたが、
また明日も手術の前にやっておいた方が
良いと思った事や術後のモモの様子を
お知らせしたいと思います手(パー)

今もモモはとっても元気に過ごしています。
心配して下さった皆さん、
本当にどうもありがとうございました。




















ニックネーム モモママ at 22:39| Comment(25) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せの確率かわいい

私がなぜ、モモの避妊手術を決断したのか?
それは、少しでも元気に長生きして欲しかったからです。

手術をすると「子宮蓄膿症」「子宮ガン」「卵巣ガン」等の
子宮に関係する色々な病気が予防で出来る事は
知っていましたが、それらがどのような病気で、
手術をする事によって、どの程度防げるものなのか?
具体的には分かっていませんでした・・・。

子宮蓄膿症という病気は中年から高年のメス犬に
多く発症し、子宮内に膿が溜まって、
その毒が全身に広がってしまう
とても致死率が高い病気だそうです。

また、犬の乳腺腫瘍はその50%が悪性で、
悪性の場合、胸や腹部に転移するのを避ける為、
通常、腫瘍全部を摘出する大手術が行なわれます。
また、手術したとしても、再発や他臓器への転移の
可能性が消えないそう・・・。

この乳腺腫瘍の発生率と避妊手術の時期の関係は
初ヒートの前に避妊手術をした場合は0.5%
1回のヒート後では、8%
2〜3回のヒート後は、26%
その後はあまり変わりはないそうです。

つまり、初ヒートの前に手術をすれば
乳腺腫瘍の発生率が200分の1に下げられる
という事が分かった時、私の中で
「やっぱり、早く手術をした方が良い」という思いが
だんだんと強まっていきました。

初ヒートをむかえる時期は平均で生後6〜8ヶ月頃・・・。
心配や抵抗はありましたが、せっかく手術をするのなら、
そのメリットを最大限にいかしたいと考えたのです。

ただ、誤解がないようにしたいのは
これはあくまで「病気になる確率」の話であって
ワンコが「幸せでいられる確率」ではないという事です。

避妊手術をしなくても、ずっと健康に過ごすコもいるし、
出産をして、その子と一緒に幸せに暮らすワンちゃんも
たくさんいる・・・。
逆に手術をしても、病気で亡くなってしまうコも
きっといるでしょう。

皆さんの中には、避妊手術には抵抗を感じられる方、
迷っているうちに何度かヒートを経験したワンちゃんを
飼っていらっしゃる方、
特別、意識はしていらっしゃらない方、
出産後に手術をしようと思っていらっしゃる方、
本当に色々な方がいらっしゃる事と思います。

私が今回のような記事を書くことによって
万が一、ワンちゃんをとても大切にしている
どなたかの心をを傷付けてしまったら?と
とても心配しています。

ただ、こういった知識をまだお持ちでない方や
避妊手術を考えてはいるけど、
色々な事情でタイミングを逃している方が
「選択肢を増やす」という意味でお役に立てれば
と思い、この記事を書く事にしました。

大切なのは飼い主さんがワンちゃんと共に
ずーっと幸せに暮らしていく為によく考えて
後悔のない決断をする事だと私は思います。

どうか皆さんと皆さんのワンちゃん達にとって
一番良い選択が出来ますように!
心からお祈りしています。


ニックネーム モモママ at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 避妊手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする